医療のサポートを行う看護師

医療系年収調査

医療職の年収と上げ方を知ろう

患者の心身のサポートを行う看護師

以前は看護婦と言われていた仕事は今では男女平等の観点から看護師という名称になっています。2002年に法改正が行われ、保健婦助産婦看護婦法が保健師助産師看護師法変わったのですが、その時を契機に呼び名が変わったのです。このため名称自体は意外に新しい看護師ですが、その仕事には看護師、准看護師、認定看護師、専門看護師の違いがあります。

患者の心身のサポートを行う看護師

看護師の種類

看護師の種類

まず看護師は保健師助産師看護師法の定義に則って、厚生労働大臣から下りる免許のもと患者に対して医師の診療の補助や世話を焼く存在です。准看護師はその仕事内容は看護師と同様ですが、資格の取得過程が異なり都道府県知事からの免許のもと、医師や看護師などの指示を受けて患者の世話を焼いたり診療のサポートを行ったりする存在です。そして認定看護師は看護師の中でも特定の分野において特化した存在で、日本看護協会からの認定を受けた人であり、専門看護師は日本看護協会専門看護師認定試験に合格した特定の専門看護分野の看護を行える人になります。

看護師の仕事

看護師の仕事

主な看護師の仕事内容は、医師などの指示のもと患者が入院生活を送りやすいよう生活のサポートを行ったり、医師などの診療の補助を行ったりすることです。診療のサポートでは医師と同等とまでは言わないものの医療知識などの専門知識を求められ、チームの一員として活躍していくことが期待されています。
また医療の仕事の中では患者と最も直接的に接することが多い存在とも言え、距離感の近さで言えば医師以上と言っても過言ではありません。そのため患者からはとても親近感や感謝の気持ちを感じてもらっており、そうした患者の健康回復を間近で見守れるとてもやりがいのある仕事です。

看護師になるには

看護師になるには

看護師になるためには国の定める保健師助産師看護師法という法律に基づいて試験を突破し、厚生労働大臣による免許を取得しなければなりません。またその国家試験を受験するための要件も定めらており、具体的には高校の看護科や看護学校などでの専門課程を履修し、学校を卒業して単位を得なければならないのです。なお上記の流れは看護師の中でも正看護師と言われる仕事に就職するための流れであり、その他の看護師を目指す場合はこの限りではありません。例えば上述のように看護師の中には准看護師という職種もあり、この仕事に就職するためには正看護師のように国家試験を受験し厚生労働大臣からの免許を目指すのではなく、都道府県が主催する試験に合格し知事から免許を授与されることを目指すことになります。

看護師必見の記事はこちら

看護師は勤務先で給与が大きく変わる

看護師の方が自分の年収に関して考えるときに、勤務先の業態には注意していください。一口に看護師の仕事と言っても勤務先の業態によって年収が大きく変わってくるからです。ただ年収だけを判断基準にするのではなく、勤務条件との照らし合わせも行いましょう。

看護師は事前の情報収集が成功のコツ!

看護師の仕事の年収は勤務先によってかなり変わるため、転職活動を行う前の情報収集はとても大切です。なお年収がよくても勤務条件が厳しくブラックな職場だったりすることもあるので、そうした側面でも問題がないかどうかもきちんと調べるようにしましょう。

医療系年収調査