高年収で医薬品を扱う薬剤師

医療系年収調査

医療職の年収と上げ方を知ろう

医薬品全般を取り扱うプロである薬剤師

年収も高く求人も豊富にあるために食いっぱぐれることがないだろうという理由で人気の薬剤師の仕事についても見ていきましょう。薬剤師という存在は、一言で言ってしまうと薬の専門家で、様々な医薬品に対して幅広い専門知識をもち、その知識を生かして医師などの治療行為や研究機関での研究をサポートする存在です。また製薬会社や大学などで新薬の研究開発などに携わる場合もあります。

医薬品全般を取り扱うプロである薬剤師

活躍の場

活躍の場

具体的な活躍のシーンとしては、例えば薬局の店先や医療機関などで処方箋に基づいて調剤や服薬説明を行ったり、その販売や購入時の相談に乗ったりするというものになります。また近年は危険ドラックなど薬物の存在が社会問題の1つになっていますが、青少年に対する啓蒙活動などもその役割の中に入ります。

薬剤師の仕事内容

薬剤師の仕事内容

薬剤師の仕事内容を所属する職場の違いごとにより詳細に見て行ってみましょう。
まず最も多くの人の目に触れる薬局に所属する薬剤師の仕事ですが、彼ら彼女らの仕事内容は医師が処方した処方箋に基づいて調剤を行ったり、服用方法などについて指導を行ったりすることです。特にこの指導は大切な仕事で、薬というものは正しく服用すれば病気や怪我の回復につながりますが、服用を誤ればかえって健康を阻害してしまいかねません。また処方箋に基づいた薬の購入ではなく、一般用医薬品を求めてきた人に対してはその希望内容と現在の症状などを照らし合わせて商品を進めたり場合によっては医師の受診を勧めたりすることもあります。
また薬局で働く以外にも、病院などの診療機関に勤務し、医師の診療行為や治療行為のサポートを行うことも重要な薬剤師の活躍の場の1つです。病院での薬剤師は薬の調剤はもちろん注射薬や点滴の管理や調整、患者への薬の飲み方などの服用方法の指導、薬を服用した後の臨床結果の確認や医薬品の在庫と品質の管理などの仕事を行います。
また薬剤師は製薬会社などに勤務して職務に従事することも多く、その仕事内容は専門的な薬品の研究開発の他、薬品に関しての社会に対する情報提供や薬を購入したり使用したりしている医師などからの問い合わせや質問への対応です。

薬剤師になるために

薬剤師になるために

薬剤師になるためには、国家試験である薬剤師国家試験を受験し、厚生労働大臣による免許を取得しなければなりません。しかし試験を受けるために、大学で6年間の課程を修了しなければならないので大変なことと言えるでしょう。薬学系の学科を持つ大学は全国に80校ほどありますが、夜間課程は存在せず通信課程もありません。

看護師必見の記事はこちら

看護師は勤務先で給与が大きく変わる

看護師の方が自分の年収に関して考えるときに、勤務先の業態には注意していください。一口に看護師の仕事と言っても勤務先の業態によって年収が大きく変わってくるからです。ただ年収だけを判断基準にするのではなく、勤務条件との照らし合わせも行いましょう。

看護師は事前の情報収集が成功のコツ!

看護師の仕事の年収は勤務先によってかなり変わるため、転職活動を行う前の情報収集はとても大切です。なお年収がよくても勤務条件が厳しくブラックな職場だったりすることもあるので、そうした側面でも問題がないかどうかもきちんと調べるようにしましょう。

医療系年収調査