重要な医療機器の提供を行う医療機器営業

医療系年収調査

医療職の年収と上げ方を知ろう

医療現場を支える機器を提供する医療機器営業

現在の医療では様々な薬剤だけではなく、様々な医療機器を活用して患者の検査や治療が行われます。そのため医師や看護師は常に最新の医療機器の動向に詳しくなっておかなければなりませんし、状況や予算などを鑑みてその購入を行わなければなりません。もちろん購入した医療機器の使い方や活用シーンを勉強していくことも重要です。そしてそうした医療現場の重要な仕事をサポートする存在が医療機器営業の仕事になるのです。

医療現場を支える機器を提供する医療機器営業

医療機器営業の仕事

医療機器営業の仕事

日々患者の診療や治療に向き合っている医師や看護師は忙しく、なかなか最新の医療機器の動向にまで目を光らせることができません。そのため医療機器に詳しい医療機器営業の人間が、医師や看護師のニーズを汲み取りながら相手に対して適時適切な情報や知識を提供していくのです。もちろん営業と名のつく仕事を行なっている存在である以上、自社の医療機器を販売するノルマがあります。そのためただ医師や看護師に対して都合の良い御用聞きや、アドバイザーでいればいいというわけではありません。医師や看護師、特に意思決定権を持つような中心人物に対して適切に自社や自社商品の魅力を伝えることも重要な仕事です。こうした仕事を全うするためにも、忙しい医師の気持ちを掴めるような機転が利くことや、医師との適切な距離感を掴めるような人がこの仕事に向いています。

医療機器営業の活躍の場

医療機器営業の活躍の場

なお医療機器営業の活躍の場ですが、大きくは2つに分けられ、まずは自分の所属する会社が開発製造している商品を販売する医療機器メーカーの仕事です。そしてもう1つが卸売企業として複数社の製品を取り扱う医療機器ディーラーでの仕事です。医療機器メーカーに勤務する場合自社商品のエキスパートとなって活躍していくことが求められますし、医療機器ディーラーに勤務する場合は病院の御用聞きとして相手のニーズを掴む力がより重要になります。

医療機器営業に資格はいらない

医療機器営業に資格はいらない

医療機器営業の仕事は医師や看護師などの専門家に対して、その専門家が使う機器を販売する仕事ですので、当然深い専門知識が求められる仕事ですが、実は医療機器営業の仕事に就くためには特別な専門資格は必要ありません。臨床工学士の資格を取得している人もいますが、稀なケースです。
もちろん資格はあるに越したことはなく、医師は医療の専門家であっても機械操作の専門家ではないため、医療機営業に機械の操作を代わって欲しいような場合もあるからです。ただそうした際に無資格者ではそうしたことを行うことができません。こうした時に臨床工学士などの資格を所有していれば、患者に対して機械操作を行えないなどの制約を突破できる場合も多いのです。

看護師必見の記事はこちら

看護師は勤務先で給与が大きく変わる

看護師の方が自分の年収に関して考えるときに、勤務先の業態には注意していください。一口に看護師の仕事と言っても勤務先の業態によって年収が大きく変わってくるからです。ただ年収だけを判断基準にするのではなく、勤務条件との照らし合わせも行いましょう。

看護師は事前の情報収集が成功のコツ!

看護師の仕事の年収は勤務先によってかなり変わるため、転職活動を行う前の情報収集はとても大切です。なお年収がよくても勤務条件が厳しくブラックな職場だったりすることもあるので、そうした側面でも問題がないかどうかもきちんと調べるようにしましょう。

医療系年収調査