勤務先別の薬剤師の年収

医療系年収調査

医療職の年収と上げ方を知ろう

薬剤師は職種により年収が違う

薬剤師の年収はどの程度なのかということに興味がある方も多いと思いますが、薬剤師の年収は勤務先によって幅があるため注意しなければなりません。

薬剤師は職種により年収が違う

薬剤師の年収

薬剤師の年収

一般的に言われている数字としては、薬剤師の資格を取得して就職した場合の平均的な年収は533万円と言われています。この数字はその他の仕事も含めた世の中全体の平均と比べると高く感じるかもしれませんが、医師の平均年収が1000万円を超えることを考えると医療従事者としては安く感じるかもしれません。薬剤師になるためには以前と違って医師と同様6年生の大学を卒業しなければならないので、コストパフォーマンスを考えると悩んでしまう人もいるかと思います。しかし勤務先によっては薬剤師の平均年収を大きく超えた収入を得られる可能性も大きいので、薬剤師を目指す人には安心して欲しいと思います。

調剤薬局やドラッグストア

調剤薬局やドラッグストア

薬剤師の主な勤務先としては調剤薬局やドラッグストアがまずは挙げられますので、まずはこの仕事の年収を見ていきましょう。まず調剤薬局の場合平均年収は350万円から600万円ほどと、勤務先の規模や地域によってかなり差があります。しかし現在は特に地方を中心に調剤薬局の人材不足が問題になっていますので、勤続年数が長ければ年収800万円を目指すことも可能です。一方ドラッグストアは年収の上限は調剤薬局とそれほど大差ありませんが、最初から年収が400万円を超える場合が多く、まずはドラッグストアで勤務し出すというのは悪い選択肢ではありません。またドラッグストアの場合その経営元が大手企業というケースも多いため、年収では測りきれない福利厚生などの魅力もあります。

病院勤務

病院勤務

病院も薬剤師の勤務先として大きな選択肢の1つであり、その年収は勤務したてで400万円ほどと調剤薬局やドラッグストアと同水準になります。しかし病院で働く薬剤師の場合は夜勤があるため、その手当が年間で数十万円プラスされる場合があります。また院内でキャリアを積んで出世し薬剤部長や薬局長などの役職者となった場合は年収も大きく上がる場合があります。なお病院に勤務する場合は年収以外に臨床経験などのキャリアを積むことができるというメリットもあります。短期的な年収にこだわるだけではなく、将来の活躍の場や可能性を広げるために病院に勤務するというのも良いでしょう。

製薬会社

製薬会社

製薬会社でも研究開発などの分野で薬剤師を募集していますが、採用数が少なく狭き門となるので注意が必要です。年収は会社内で出世していくと1000万円を超えることもありますが、全員がそうなるわけでもありません。

看護師必見の記事はこちら

看護師は勤務先で給与が大きく変わる

看護師の方が自分の年収に関して考えるときに、勤務先の業態には注意していください。一口に看護師の仕事と言っても勤務先の業態によって年収が大きく変わってくるからです。ただ年収だけを判断基準にするのではなく、勤務条件との照らし合わせも行いましょう。

看護師は事前の情報収集が成功のコツ!

看護師の仕事の年収は勤務先によってかなり変わるため、転職活動を行う前の情報収集はとても大切です。なお年収がよくても勤務条件が厳しくブラックな職場だったりすることもあるので、そうした側面でも問題がないかどうかもきちんと調べるようにしましょう。

医療系年収調査