勤務先別の看護師の年収

医療系年収調査

医療職の年収と上げ方を知ろう

看護師は勤務先で給与が大きく変わる

日本では働く男性と女性の間の収入格差があり、絶えず政治的な課題として取り上げられていますがなかなか改善の兆しをみせません。しかしそうした状況のなかでも看護師の仕事は女性中心であり、国家資格がなければ就職できない仕事でもあることからかなりの高給が保障されています。しかし全ての看護師が満足のいく給与を得ているというわけでもありません。看護師の仕事は一般に思われている以上に勤務先ごとの格差があるのです。

看護師は勤務先で給与が大きく変わる

訪問看護

訪問看護

看護師の仕事先には様々な種類がありますが、その中でも訪問看護の仕事は非常に給与がいい部類として有名です。平均収入は年間でなんと424万5千円ほどになると言われており、安定した収入を得られる仕事と言えるでしょう。ちなみに訪問看護の仕事をご存知ではない方のために説明すると、訪問看護ステーションに所属し1日に5件から6件ほどの患者を回るという仕事になります。また当番制で緊急電話の電話番をすることもあり、これも訪問看護の重要な仕事になります。
訪問看護の場合、訪問する患者数がダイレクトに収入に反映されることも多いため、そういった意味でも仕事のやる気を保ちやすいでしょう。

病院勤務

病院勤務

病院、特に入院患者も受けているような総合病院で勤務した場合も年収は高く、420万円ほどになると言われています。訪問看護にはやや劣りますが、十分な高給と言えますし夫婦共働きであれば子供の学費なども心配のない収入と言えるでしょう。また特に大病院の場合はそれなりの人数の管理職も必要としており、看護師長などに出世すればさらなる収入の増加も見込めます。それに管理職を目指す以外にも認定看護師資格や専門看護師資格の取得を目指すというキャリアプランを描けることも魅力でしょう。

一般企業

一般企業

看護師の雇用の場は病院に限定されておらず、例えば民間企業でも特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホーム、それに老人保健施設などの有料老人ホームで看護師を募集しています。平均年収は病院勤務よりもやや下がって396万6千円ほどですが、介護の部分は介護士などの職員が行ってくれるので、看護師の身体的な負担は少なくいい仕事と言えるかもしれません。これはこうした一般企業で働く看護師と病院で働く看護師の大きな仕事の違いと言えるでしょう。

クリニック

クリニック

クリニック、つまり町の診療所で働く看護師が給与面では一番低く、平均年収は367万7千円になります。ただ、美容整形外科など特殊なクリニックで勤務した場合はこの限りではなく、年収が500万円を超えることも珍しくありません。

看護師必見の記事はこちら

看護師は勤務先で給与が大きく変わる

看護師の方が自分の年収に関して考えるときに、勤務先の業態には注意していください。一口に看護師の仕事と言っても勤務先の業態によって年収が大きく変わってくるからです。ただ年収だけを判断基準にするのではなく、勤務条件との照らし合わせも行いましょう。

看護師は事前の情報収集が成功のコツ!

看護師の仕事の年収は勤務先によってかなり変わるため、転職活動を行う前の情報収集はとても大切です。なお年収がよくても勤務条件が厳しくブラックな職場だったりすることもあるので、そうした側面でも問題がないかどうかもきちんと調べるようにしましょう。

医療系年収調査