勤務先別の医療機器営業の年収

医療系年収調査

医療職の年収と上げ方を知ろう

医療機器営業は外資系の方が条件が良い

比較的年収が高い仕事が多い医療系の仕事は転職希望者の間で人気がありますが、残念ながら多くの医療系の仕事が資格を必要としており専門課程を納めた人以外にとってそこへの就職は敷居が高いです。しかしそうした医療系の仕事にあって医療機器営業の仕事は資格が必須ではないため、就職するための敷居が低く狙い目です。年収も情報源によって差がありますが、560万円前後から630万円前後という情報が多く、一般的な仕事の平均と比較して高額と言えるでしょう。

医療機器営業は外資系の方が条件が良い

年収の内訳

年収の内訳

ただ上記のような医療機器営業の年収ですが、その全てが基本給で保障されているというわけではないので注意も必要です。もちろん基本給は一定のラインで定められていますが、医療機器営業の場合そこに営業手当が加算されることで年収が上がっていくのです。しかし注意点として営業手当が就く代わりに残業はみなし残業となっていて一定ラインを超えるまでは残業代が支給されないというケースが多いので就職前に気をつけておきましょう。
なお勤務先の会社によっては、住居費の補助として寮や借り上げ社宅があったり、住宅手当が別途支給されたりする場合もあります。

メーカーとディーラーの違い

メーカーとディーラーの違い

医療機器営業の年収ですが、その額は勤務先が自社商品を扱うメーカーなのか複数社の商品を卸しているディーラーなのかで大きく変わります。基本的な傾向としてはメーカーで働く方がディーラーで働くことと比べて年収が高くなる傾向にあり、ディーラーでは年収が1000万円を超えることはほとんどありませんが、メーカーではそれほど珍しくありません。この違いを生んでいる背景はインセンティブ制度にあり、メーカーの場合は自社商品を扱っているので販売に応じたインセンティブがつきやすいのですが、ディーラーの場合はそうした制度が少ないのです。

国内メーカーと外資の差

国内メーカーと外資の差

医療機器営業の仕事ではメーカーと一口に言っても国内メーカーと外資系メーカーに大きく分かれており、両者の間では給与体系が異なります。基本的な傾向としては国内メーカーは典型的な日本の大企業なので年功序列的な社風の会社が多く、活躍してもしなくても個人の給与への反映がそれほど大きくはなりません。一方外資系の医療機器メーカーは給与体系がドライなところが多く、雇用の保障がそれほど手厚くない代わりに売れれば売れるほどインセンティブが大きくなるため、年収も大きくなりがちです。自分の営業力に自信があって、とにかく年収を多くしたいという人には外資系の方が良いと言えるでしょう。

看護師必見の記事はこちら

看護師は勤務先で給与が大きく変わる

看護師の方が自分の年収に関して考えるときに、勤務先の業態には注意していください。一口に看護師の仕事と言っても勤務先の業態によって年収が大きく変わってくるからです。ただ年収だけを判断基準にするのではなく、勤務条件との照らし合わせも行いましょう。

看護師は事前の情報収集が成功のコツ!

看護師の仕事の年収は勤務先によってかなり変わるため、転職活動を行う前の情報収集はとても大切です。なお年収がよくても勤務条件が厳しくブラックな職場だったりすることもあるので、そうした側面でも問題がないかどうかもきちんと調べるようにしましょう。

医療系年収調査