医療職の年収事情について

医療系年収調査

医療職の年収と上げ方を知ろう

気になる各医療職の年収事情

医療職の年収について理解を深めるためには、医療職は勤務先によって全く年収が異なってくることをまずは理解しましょう。看護師の場合、一般のクリニックで勤務するか総合病院で勤務するかで大きく変わりますし、薬剤師も病院に勤務するか調剤薬局やドラッグストアなどに勤務するかの選択肢があります。医療機器営業もメーカーがディーラーかや、国内系や外資系かなどの違いがあり、それぞれで年収どころか給与体系まで変わってくるのです。

気になる各医療職の年収事情
  • 看護師は勤務先で給与が大きく変わる

    看護師の年収は勤務先によって大きく変わりますが、ただ高ければいいというものでもないのでどういった仕事内容の違いがあるのか理解しておきましょう。まず一番年収が多いのは訪問看護の仕事になりますが、拠点からの移動が多いためそこは少し大変かもしれません。総合病院の勤務は年収が高いですし、やりがいも大きくスキルアップにつながりますが夜勤などもあるので体の負担のことも考えましょう。その他にも介護施設やクリニックなどの求人があります。

  • 薬剤師は職種により年収が違う

    一言で薬剤師と言っても活躍の領域が広いだけに様々な職種に分かれています。例えば調剤薬局で医師の処方箋に基づいた処方を行ったり、ドラッグストアなどでお客様のご要望に応えたりする仕事もあれば、病院に勤務して医師の薬剤利用をサポートしたり製薬会社で研究開発を行ったりする仕事もあります。平均的な年収は500万円から600万円ほどになりますが、勤務先での職種によって年収だけではなく福利厚生なども変わってきます。

  • 医療機器営業は外資系の方が条件が良い

    医療機器営業の仕事は勤務先に幾つかのパターンが存在し、まずは医療機器メーカーか医療機器のディーラーかで分かれます。この場合比較的医療機器メーカーの方が年収は良い場合が多く、また医療機器メーカーでも外資系がより年収が高くなります。ただしそれは外資系の方が商品を販売した際のインセンティブが大きいためであり、売れなければそれほど年収は上がりません。まずは安定した会社で修行を行い、その後転職をするというのもいいでしょう。

看護師必見の記事はこちら

看護師は勤務先で給与が大きく変わる

看護師の方が自分の年収に関して考えるときに、勤務先の業態には注意していください。一口に看護師の仕事と言っても勤務先の業態によって年収が大きく変わってくるからです。ただ年収だけを判断基準にするのではなく、勤務条件との照らし合わせも行いましょう。

看護師は事前の情報収集が成功のコツ!

看護師の仕事の年収は勤務先によってかなり変わるため、転職活動を行う前の情報収集はとても大切です。なお年収がよくても勤務条件が厳しくブラックな職場だったりすることもあるので、そうした側面でも問題がないかどうかもきちんと調べるようにしましょう。

医療系年収調査